任意売却と税金の差し押さえ

様々な任意売却情報

任意売却と税金の差し押さえ

家を購入するために住宅ローンを組んだものの、なんらかの事情により返済できなくなった時に任意売却という方法をとることがあります。

任意売却とは家の差し押さえや競売にかけることをしないで、債権者と債務者両方にとってメリットのある売買方法です。

任意売却という方法をとるためには、任意売却を扱う業者や、弁護士に依頼することがほとんどで、交渉や競売の取下げなどといったことをしてくれます。

住宅ローンが払えない時には上記のような方法があります。

住宅ローンは滞納していないけれど、固定資産税や住民税、健康保険料などの税金を滞納しているという場合はどうなるのでしょうか?税金関係を長期間滞納すると遅滞金14.6%加算されます。

これはかなりの高い率ですね。

長く滞納を続けているといつのまにか遅滞金の額が本来の税金の金額よりも高くなってしまうこともあります。

税金の差し押さえがある場合、差押えを解除しなければ任意売却はかなり難しくなりますので注意が必要です。

売却対象となる不動産に差し押さえがついていると差し押さえを解除しなければ任意売却できません。

地方税の差押えについては、その解除方法などは各市町村によって対応が異なりることもあります。

税金を一部納付することで解除できるという対応をとっている場合もありますし、税金を全額納付を原則としている場合などさまざまです。

任意売却を考えているのなら税金の差押えは絶対に避けたいものです。